映画

麒麟がくる収録中止で打ち切りの可能性は?放送スケジュールへの影響も

NHK大河ドラマの「麒麟がくる」がコロナウイルス感染拡大の予防の為、2020年4月12日まで収録を中止すると発表されました。

 

同時に朝ドラの収録も中止するようで、現時点では放送スケジュールには影響はないとのこと。

 

毎週楽しみにしていたのに、麒麟がくるが打ち切りになったら楽しみがなくなる…

 

打ち切りの可能性があるかどうかは詳細が述べられていなかったので、過去の大河ドラマで打ち切りとなってしまった事例があるのか調べてみました。

麒麟がくる収録中止で打ち切りの可能性は?

過去に放送された大河ドラマの中で、「いだてん」が打ち切りとなってしまったという事例があります。

 

放送されたのは、たったの半年間!

視聴率の低迷が原因で1年間の放送がかなわなかったのかと思いきや、そういったわけではありません。

 

大河ドラマといえば47回の放送スケジュールを組んで収録されていきますが、そもそもいだてんについては初めから47回放送する予定がなかったようです。

なので、正式には打ち切りとは言い難いものですが、1年間を通して放送されなかった大河ドラマはあったということになります。

 

ちなみに、他に過去の作品で打ち切りとなってしまった大河ドラマはありません。

過去の事例からも、麒麟がくるの収録が一時中止になったところで打ち切りとなってしまう可能性は極めて低いでしょう。

 

麒麟がくるは大河ドラマの作品の中でも面白い、楽しみにしているとファンの多い作品なので打ち切りは考えにくいです。

麒麟がくる収録中止で放送スケジュールへの影響は?

一時収録を中止することで、4月1日時点で放送のスケジュールにすぐの影響はないようです。

 

それもそのはず、最近放送されている分はかなりさかのぼって過去に収録が済んでいるものばかりです。

 

収録が中止になったところで過去に収録した放送分が残っているので、すぐ放送が中止に変更になることはないようですね。

 

ただ、今後のスケジュールについては変更があった際にはNHKの公式サイトで変更の案内が発表されるようなので、毎週チェックしておいた方が良いかもしれませんね。

 

余談ですが、元々オリンピックの延期で7月24日~8月9日と8月25日~9月6日に麒麟がくるは放送されないと決まっていたのですが、東京オリンピックの開催が来年に延期となったことでこの期間のスケジュールに変更はあるかもしれません。

 

麒麟がくるの放送回数はオリンピックの期間中に予定していた3回を差し引いた44回となっていましたが、オリンピックの開催が来年となってしまったのでその期間に大河ドラマが放送される可能性もありますよね。

放送スケジュールを確認しようとNHKに電話をしてみましたが、いつまでたってもつながらないので断念しました(笑)

 

仕方がないので、公式サイトで放送スケジュールの確認をちょくちょく行うことにします。

新しい情報が入ったらこちらの記事も更新させていただきますね!