アニメ・漫画・ゲーム

大人気アニメ「呪術廻戦」鬼滅の刃に迫る勢い?!

週刊少年ジャンプに連載中の呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)の人気が急上昇中です!

ホスト「鬼滅の刃」と言われるほどの人気となっています。

中身の濃い設定のバトル展開と、「呪い」「呪霊」といったホラー要素に個性豊かなキャラクター設定が加わって、新しい感覚のダーク・ファンタジーとして人気を集めています。最近、巷ではどこもかしこも「鬼滅の刃」が話題となっていますが、書店でも人気を集めていて、在庫も少なくなるほど人気急上昇中のアニメとなっています。
私の息子も完全にハマっている「呪術廻戦」。ここでは本作の底知れぬ魅力を紹介していきたいと思います。

 

概要

『週刊少年ジャンプ』で2018年から連載が開始されました。
読み方が難しいですが、作者は芥見 下々(あくたみ げげ)氏

実は「呪術廻戦」連載開始からさかのぼること約1年。『ジャンプGIGA』で『東京都立呪術高等専門学校(以下『呪術高専』)が世に出ており、その作品をベースとして、本作の連載に至っています。
『呪術廻戦』は『呪術高専』の1年後の物語であり、登場人物や設定など世界観もそのまま引き継がれており、『呪術高専』が後に『呪術廻戦』0巻として発売されています。

 

1巻発売直後から品切れが続出し、即重版決定するほどの人気が出たほか、次にくるマンガ大賞2018にノミネートされ6位入賞。その後全国の書店員が選んだおすすめマンガ2019、みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞2019のそれぞれで堂々の1位を飾りました。さらに、2020年10月にはシリーズ累計発行部数が1000万部を突破するほどの人気となっています。

あらすじ

両親の顔を知らず、祖父に育てられた仙台の高校1年生でオカルト研究会の虎杖 悠仁(いたどり ゆうじ)は、ある日学校で特級呪物「両面宿儺(りょうめんすくな)の指」を偶然拾います。時を同じくして、入院中の祖父は虎杖に「オマエは強いから人を助けろ」「手の届く範囲でいい。救える奴は救っとけ」という遺言を残して静かに他界した。

その晩、病院にいた虎杖の前に、呪術高専東京校1年を名乗る 伏黒 恵(ふしぐろめぐみ)が現れ 「人死が出ないうちに宿儺の指を渡せ」と凄むが、既にそれはオカルト研究会の先輩の手に渡っており、辛うじて施されていた封印の護符も剥がされてしまっていた。

封印の解かれた宿儺の指から出る呪力を取り込み、新たな力を得ようと学校にたくさんの「呪霊」が集まる中、虎杖は伏黒とともに呪霊に取り込まれそうになった先輩たちを助けるが、伏黒が負傷し一同は窮地に陥る。「呪いは呪いでしか祓えない」という伏黒の言葉を聞いた虎杖は、状況を打開するために一か八かで猛毒の指を自ら呑み込んだ。

本来なら口にした瞬間死亡してもおかしくない代物であったが、幸か不幸か虎杖は宿儺の「器」となる素質を持っていた。学校に集まってきた呪霊を退け、宿儺の器となったことで呪術師の討伐対象となってしまった虎杖に、最強の呪術師にして呪術高専東京校1年担任 五条 悟(ごじょうさとる)は、「この場で処刑されるか」もしくは「宿儺の指20本を全て集め、取り込んでから処刑されるか」という、二つの死に方を提示する・・・。

「呪術廻戦」の魅力

・ 個性的な魅力あるキャラクター
・ 迫力あるバトルシーン
・ 胸に響く奥深い台詞

それでは呪術廻戦の人気の秘密、魅力に迫っていきたいと思います。

個性的な魅力あるキャラクター

主人公の虎杖 悠仁だけでなく、敵味方に関係なく癖が強く、そしてそれぞれの生きざまの格好良い魅力的なキャラクターがそろっています。

敵味方に関係なくキャラの濃い魅力的なキャラクターがたくさんいるのが呪術廻戦の魅力のひとつ!
主人公の虎杖悠仁は、五条悟曰く 「千年生まれてこなかった逸材」 と言われ、50メートルを3秒で走り、砲丸投げも世界記録超えの30メートルオーバー(笑)と
規格外の身体能力を見せています。
人間離れした身体能力の高さもそうですが、それ以上に内面の魅力が虎杖悠仁の魅力。
祖父への想いや、友達だけでなく他人に対しての発言や想いが、他人の痛みが分かる優しい性格を物語っています。
明るく前向きな性格もそうですが、単によくある主人公キャラに収まらない等身大で飾り気のない性格が余計に人をひきつけますね。

呪術廻戦には虎杖悠仁以外にもたくさんの魅力的なキャラクターがいますが、ここでは紹介しきれません。
他キャラクターについては別途紹介していきます。

迫力あるバトルシーン

大胆なコマ割りと迫力ある描写で臨場感のあるバトルシーンも呪術廻戦の魅力。
戦闘シーンでは、キャラクターたちそれぞれの呪力タイプによってさまざまな技を駆使するため戦闘シーンは十人十色。お互いの能力を活かした戦闘・共闘シーンはテンション上がって胸熱です。
また呪霊との闘いで戦闘シーンをさらに盛り上げてくれるのが、必殺技である「領域展開」の存在です。

「術式の最終段階であり、呪術戦の極致」と言われており、習得し自在に使いこなせる者はごくわずかともいわれています。

作中では、五条悟曰く、「術式(※1)を付与した生得領域(※2)を呪力で具現化すること」という表現をしています。
ちょっと分かりにくいと思いますが、「心の中の呪力を目に見える形にすること」という事でしょうか?
※1術式(呪力を流し込んで技を発動すること)
※2生得領域(心の中のこと)

空間そのものを飲み込んで異次元で発動しているような感覚を覚えるほどスケールが大きく、インパクトのある必殺技となっています。
そんな呪術廻戦の大迫力バトルシーンはこの作品の大きな魅力となっています。
アニメ・漫画ともに、実際にその迫力をぜひ皆さん見てほしいと思います。

 

胸に響く奥深い台詞

 

個人的には何と言ってもこれ。
各巻にいくつも胸に響く台詞がありますが、代表的なものをいくつかここで。

知ってた?人ってマジで死ぬんだよ だったらせめて自分が知ってる人くらいは正しく死んでほしいって思うんだ by 虎杖悠仁

無茶をして人助けをした虎杖に怖くないのか?と問いかけた伏黒に対する答えです。
ピュアな虎杖の本音が垣間見える台詞でした。

でも死なせたくありません 私情です なんとかしてください by 伏黒恵

ここまでクール系だった伏黒が呪術規定に則れば処刑対象だがどうするべきか?と問いに対する回答。ギャップに思わずグッとくる台詞でした。

自分が死ぬ時のことはわからんけど生き様で後悔はしたくない by 虎杖悠仁

この使命から逃げた時に、自分には関係ないと言い聞かせて生きていきたくないという虎杖の回答。シンプルにグッときます。

まだまだ胸に響く台詞はたくさんありますが、実際には伝わりにくいと思うので、ぜひ単行本を読んで感じてほしいと思います!

 

 

アニメ放映開始

魅力満載の『呪術廻戦』ですが、ついに2020年10月からアニメ放映が開始しました!
虎杖悠仁(いたどり・ゆうじ)役の声優に榎木淳弥さん、伏黒恵(ふしぐろ・めぐみ)役に内田雄馬さん、釘崎野薔薇(くぎさき・のばら)役に瀬戸麻沙美さん、五条悟(ごじょう・さとる)役に中村悠一さんが決定しており、画面を所狭しと動き回る呪術高専のメンバーの活躍が絶賛放映中です。

「呪術廻戦」の漫画&アニメが無料で見れるのはU-Next
U-Nextで無料で呪術廻戦が読める

「呪術廻戦」のアニメが無料で見れるAbemaTV


 

ABOUT ME
カメロン
はじめまして。 ロボタス管理人の「カメロン」と申します。 現在3人の子供と日々悪戦苦闘するサラリーマンをやってます。 子供たちとの共通話題であるゲームやYoutube、芸能などの ゆるーい話題を詰め込んだサイトにしていきたいと思います。 またサラリーマンしながらのサイト運営になりますので、記事更新の 頻度についても ゆるーい感じでいきたいと思います。 余裕のない時代に、ゆるい話題と楽しさを少しでも提供できたらうれしいです。 サイトに関して問い合わせやご意見などありましたら問い合わせまでお願いします。