お役立ち

鉄道減便の目的は混雑緩和ではない?満員電車の密度向上で反対派多数

2020年4月6日にニュースで、政府が都内の鉄道会社に対してダイヤの減便をすることを要請していると発表しました。

 

対象は首都圏の鉄道会社。

JR、東京メトロ、各新幹線です。

 

平日のダイヤを土日祝日と同じダイヤにするというのです。

目的は混雑緩和ではなく、外出する人を減らすことなのだそう。

 

しかし、余計に混雑するのではといった反対の声も多い様子。

こちらの記事では、鉄道減便の目的をニュースやSNSの投稿を整理した上で解説してます。

鉄道減便の目的は混雑緩和ではない

鉄道会社に対して減便の要請。

一体目的は何なのでしょうか?

対象は新幹線にも及ぶ見通し。当面は平日も土日・祝日のダイヤを運用し、終電の繰り上げも検討している。最終的に通常の5割程度まで減らすことも想定しているもようだ。

引用:産経ニュース

このニュースの発表時、鉄道を減便することの目的については述べられていません。

 

ただ、過去にヨーロッパで鉄道を減便し余計に混雑した事例もあることから、混雑緩和が目的ではないことが確かではないでしょうか。

SNSでも減便することの目的が分からないといった声が多数。

鉄道を減便することの目的は以下のことが考えられます。

 

<鉄道減便の目的>

  • 外出の抑制
  • 首都圏から郊外への移動の抑制
  • 鉄道会社での勤務者への休日確保

 

鉄道減便で満員電車の密度向上で反対派多数

しかし、鉄道を減便することでさらに通勤時間は混雑し、車内の密度が増加しコロナウイルスに感染する可能性が上がるのではといった反対の声が多数挙がっています。

鉄道を減便させることで利用者が減り、少しでも車内の混雑緩和を目的としているのなら、その目的は果たして適切なのでしょうか?

 

鉄道の本数が減ったからといって、企業はリモートワークにしましょう、と指示を出すわけではありません。

電車の本数が減ったからといって、鉄道の利用者が減るわけではありません。

 

現在通勤している方々の中にはリモートワークができない環境、職種だから通勤していることを考えると、鉄道を減便することのメリットは考えると少ないでしょう。

 

現時点では減便の要請をしている段階。

今後、ダイヤにどのような変化があるのかニュースから目が離せません。

アベノマスクの名付け親はこの人!ツイートがセンス良すぎと話題!2020年4月2日のトレンドキーワードに「アベノマスク」がランクイン。 アベノミクスならぬアベノマスク!?!? ...
アパホテルの新型コロナ受け入れ場所はどこ?いつから開始かも紹介本記事ではアパホテルが新型コロナウイルス軽症患者の受け入れ先としているホテルはどこなのか、場所について紹介しています。併せていつから受け入れているのかといった時期についても紹介しています。...