お役立ち

CAが防護服を裁縫する理由や発言者西村康稔の目的は?男女差別と批判殺到

2020年4月9日に西村康稔経済再生担当がCAに防護服を裁縫させる方針で調整中と発表しました。

 

これに対してSNSでは、なぜ航空会社で勤務をしている方たちの中でもCAが防護服を裁縫するのか、女性差別なのでは?といった声が上がっています。

 

こちらの記事では、西村康稔経済再生担当が述べた以下の内容についてまとめています。

 

  • CAが防護服を裁縫する理由
  • 発言者の西村康稔経済再生担当の目的
  • SNSでの投稿まとめ

 

CAが防護服を裁縫する理由や発言者西村康稔の目的は?

防護服の裁縫自体、技術が必要で誰にだってできるわけではありません。

マスクの裁縫だったら練習自体でできるようになりそうですが、防護服となると時間もコストもかかります。

 

一体なぜCAが防護服裁縫をするという話になったのでしょうか?

 

西村康稔経済再生担当が述べた内容の中には、以下の理由が上がっていました。

 西村氏はCAに手伝ってもらう理由として、作業が比較的簡易な上、新型コロナの影響で減便が相次ぎCAの業務が激減していることなどを挙げた。

引用:時事ドットコムニュース

この内容から、理由としてはCAが業務が減っていたから、目的としてはCAの空いた時間を防護服の裁縫に使いたいと考えられます。

 

しかし、SNSでは本当は以下のような理由なのでは?といった声が多数挙がっていました。

 

  • CAには女性が多く、女性は裁縫が得意だと思い込んでいたから

 

もちろん、この理由に対して男女差別なのでは?いつの時代の話なのかといった批判の声が殺到。

一時はついてまとめていますターでトレンド入りするほどとなっていました。

 

確かに、「新型コロナの影響で減便が相次ぎCAの業務が激減している」のはCAだけではないのに、なぜCAなのかと思わされる内容です。

 

CA以外の業種の方も仕事が激減しているので、CAでなくとも良いはずです。

しかも、新たに作業を指示し、裁縫できるようになるまでには時間もコストもかかります。

 

西村康稔経済再生担当が挙げたCAの業務が減っていることは、理由としては適切とは言い難いものがあるのではないでしょうか。

CAが防護服を裁縫することに対してのSNSでの投稿

世間はCAが防護服を裁縫することと、発表した西村康稔経済再生担当に対しどのように思っているのか投稿をまとめました。