お役立ち

アパホテルの新型コロナ受け入れ場所はどこ?いつから開始かも紹介

2020年4月3日にアパホテルが新型コロナウイルスに感染していても軽度の症状の場合や無症状の場合は受け入れる方針でいると発表しました。

 

全国各地にあるアパホテルの中で空いている部屋を軽度の症状の感染者を収容する施設として利用する方針ということで、SNSではたくさん称賛する声が上がっています。

 

本記事では、アパホテル新型コロナ受け入れはいつからなのか、対象のホテルがある場所はどこなのかを調べ解説しています。

アパホテル新型コロナ受け入れはいつから?

アパホテルが新型コロナウイルスに感染していても軽度の症状の場合や無症状の場合は受け入れる方針でいると発表したのは2020年4月3日。

従業員の安全をはかった上で、新型コロナウイルスに対応していくとニュースで発表がありました。

 

実際、新型コロナウイルス軽症患者や症状がない患者の受け入れを、アパホテルが始めるのはいつからなのでしょうか?

 

受け入れ開始期間については公式サイトにも載っていません。

 

現時点で決まっていることは、アパホテルが新型コロナウイルス軽症患者や症状がない患者を受け入れる方針であるといったことのみのようなので、情報が入り次第更新させていただきます。

 

※4月12日追記

4月11日から受け入れを開始すると発表がありました。

場所については記事の後半でまとめています。

 

アパホテル新型コロナ受け入れの場所はどこ?

415施設あるアパホテルの内、新型コロナウイルスに感染していても軽度の症状の場合や無症状の人を受け入れるホテルはどこなのでしょうか?

 

症状が軽度の人を受け入れると発表した2020年4月3日の時点で場所は決まっていないようです。

 

※4月12日追記

4月11日から受け入れを開始するとのことでアパホテルでは準備が進んでいます。

どこのアパホテルで受け入れを開始しているかを紹介していきます。

神奈川県

1棟目は、アパホテル横浜ベイタワーです。

こちらは4月11日から開始しています。

埼玉県

2頭目は、アパホテルさいたま新都心駅北です。

4月13日以降受け入れを行うと発表がありました。

 

客室数は223室で1棟丸ごと借り上げとなる為一般客の受け入れは4月12日までとなっています。

 

アパホテルの公式サイトでは、上記の受け入れを行っているホテルでは8月31日まで宿泊ができないようになっています。

 

また、他の棟についてもホテルの中でも空き室が多いホテルが受け入れを行う可能性が高いのではないかと予想されます。

 

また、医療従事者の宿泊も半額にすることを検討されているそうです。

 

ちなみに、医療関係従事者が半額で利用ができるのは、2020年4月3日~6月30日までとなっています。

 

医療関係従事者が半額で利用する方法は、アパホテルの公式サイト若しくはアプリからホテルの予約をする時にクーポンを選択するというやり方。

 

日帰りプランは対象外なので、ご注意くださいね!

 

ちなみに、チェックインの時に自分が医療関係従事者であることがわかるものを提示する必要があるので、利用する場合は忘れないようにご注意くださいね。

アパホテル新型コロナ受け入れ態勢に対する世間の評判

アパホテルが新型コロナウイルスに感染していても軽度の症状の場合や無症状の場合は受け入れる方針でいると発表したことに対して、世間はどのように思っているのかまとめました。

ツイッターの投稿で多く見られたのは、以下のような意見でした。

  • 素晴らしい
  • 助かる
  • 頼りになる
  • さすが
  • ありがたい

 

とても頼もしい申し出。

さすがアパホテルといった投稿がたくさん見られました。

 

本当になかなかできないことでしょうし、ありがたいことです。

まとめ

こちらの記事ではアパホテルでのコロナ軽症患者の受け入れ時期と場所はどこなのかについて紹介しました。

 

場所については神奈川県を皮切りに受け入れを開始し、他の棟も準備を進められています。

 

受け入れ先が増え次第、こちらの記事も更新させていただきます。

 

アベノマスクの名付け親はこの人!ツイートがセンス良すぎと話題!2020年4月2日のトレンドキーワードに「アベノマスク」がランクイン。 アベノミクスならぬアベノマスク!?!? ...
新型コロナ「一定水準まで所得減少した世帯」の基準額や金額・申請方法2020年4月3日に安倍総理がが新型コロナウイルスの感染拡大で、所得が一定水準まで減少した人を対象に、1世帯当たり30万円を支給する方針...